神奈川県大和市 心の闇・病みをデトックス  恋するタロット占い師 ひがんばな       のホームページです

ごあいさつ


ようこそおいでくださいました。

恋するタロット占い師 ひがんばなです。

何かのご縁でこちらに足をお運びいただき、ありがとうございます。

占いにご興味があってお越しいただいた方も、そうでない方も少しの間お付き合いいただけますと幸いです。

 

早速ですが、あなたは占いにどんなイメージを持っていらっしゃるでしょうか。
繁華街やテーマパークにあるアミューズメントのような占い。
人知れず地下室で行なっている口コミだけで噂の占い。
雑誌の最後に載っている星占い。
世の中には実にたくさんの占いがありますね。

私はというとメンターとしての占いを主に行なっています。「メンター」という言葉は少し聞きなれないかもしれません。

 

まずはご参考までに2つほど辞書の解説を載せておきます。

『メンター』

[デジタル大辞泉の解説]

優れた指導者。助言者。恩師。顧問。信頼のおける相談相手。ギリシャ神話で、オデュッセウスがトロイア戦争に出陣するとき、自分の子供テレマコスを託したすぐれた指導者の名前メントール(Mentōr)から。

[人事労務用語辞典の解説]

Mentor。「助言者」「相談相手」「師匠」を意味します。新入社員や後輩に対し、職務上の相談にとどまらず、人間関係、身の処し方など個人的な問題まで広く相談に乗り、助言を与える人。1980年代にアメリカで人材育成の手法として制度化され、日本でも導入が進んでいます。

ーコトバンクより抜粋

メンタルと語感が似ていますが、由来は「メントールという人の名前から」だそうです。

一言でいうと「助言者」といったところです。

戦国武将における参謀、三國志では諸葛亮孔明のようなイメージでよろしいかと思います。呼び名こそ違いますが、いつの時代もヒーローを影で支える助言者の存在はかかせません。かくいう占い師である私にもメンターとしてお世話になっている人がいます。

人間は主観だけでは、なかなかうまく生きられません。大事なのは、あくまでも客観的にみて冷静に意見を言ってくれる人がいること。それだけでなく、きちんとその人の心に寄り添って、その人にとってよりよい選択が出来るよう一緒になって考えられる人物です。あなたにはそんなメンターがいらっしゃいますか?

現代社会におけるメンター

現代社会はこれから、よりスピリチュアルな部分が大切にされていく時代だと言われています。物質主義、数字第一主義はもはや時代遅れのようです。デジタル化が進み、金銭は数字だけでやり取りされ「汗水垂らして働く」とか「根性だけで乗り切る」という時代ではなくなってきました。「大手企業に勤められれば一生安泰」というわけでもなく、リストラ問題・年金問題と不安も絶えません。半面、働き方改革により、より効率的に働き、プライベートを重視する世代・意識が高まっています。

世の成功者といわれる人々は、意識的か無意識的かは別にしてメンターと呼べるような存在の必要性を知っていらっしゃるようです。実業家・経営者など成功している人々は必ずと言っていいほど、自分を見つめ直す術を心得ていらっしゃいます。神社への参拝や瞑想などを定期的に行っている方が多く、そういったものの一部として占いも取り入れられることが多々あります。金銭的・物質的なものと同じくらい精神面を重要視されていることの表れのように思います。呼び名こそ「メンター」ではなくとも、半年に一度・3ヶ月に一度 占いに訪れる方が非常に多いのです。

心のゆとり

加速する現代社会。

そんな中で、『心のゆとり』を求めるのはごくごく自然なことなのかもしれません。コンビニエンスストアでは必ずといっていいほど、メンタル・心理に関する本が置いてあります。引き寄せの法則、幸せに生きる方法、好きなことだけして生きていく方法、などなど…

それらはまるで自己啓発や営業理論のビジネス本と対になっているかのようでもあります。

特に都会では心身ともに疲弊している人が多く、いや多いどころかほとんどの人が心の支えを必要としているのではないでしょうか?

それもそのはずです。満員電車や猛スピードで過ぎていく仕事の中でストレスが無いわけがありません。またSNSではプライベートの充実度でさえ競い合っているようで気を抜けません。

アメリカなどの先進国では、カウンセリングを受けるのが当然というような認識も高いです。

ちょうど身体を鍛えるのにスポーツジムへ通うのが当たり前のように、精神面のケアをするのにメンターとの時間を取るのが当たり前の時代になりつつあるのかもしれません。

激化する毎日です。

恋人や家族、友人にだって弱音を吐けない。自分だけが弱いのかも知れない。

そんな心のもやもや詰まっていませんか?

心のデトックス

タロット占いは心のデトックスに最適です。後述しますが、占いは御告げでも脅しでもありません。内面の自分と向き合うためのものです。自分が悩んでいること、苦しんでいること、辛いこと、嫌なこと。反対に嬉しいこと、望んでいること、楽しいこと、幸せなこと。占いは、それらを整理して自らに『気づき』を与えてくれるものです。

メンターにはどんなことでも相談できます。友人・恋人・家族に言えないこと、いえ家族だから「こそ」言えないようなこと。。

メンターは現在の状況を把握しながら、客観的にお話を進めていきます。いわば、タロットの通訳者です。

私はメンタル心理カウンセラーの資格を所有しておりますが、カウンセリングの立場としても「人に話す」ということは何より大切なことです。「誰にも言えないようなこと」は実は「誰にでもありうること」でもあります。

一人で悩み続けず心のデトックス、はじめてみませんか?

答えはどこに?

先ほど申し上げましたが、私の占いは「自分と向き合うためのもの」です。

「○月○日にこんなことが起こります」とか「あなたは将来こんな仕事につきます」というような【御告げ】ではありません。

また、「こうしなければ不幸になります」とか「この壺を買わないと災難があります」というような【脅し】でもありません。

これは何度もお伝えすることになると思いますが、答えは必ず『自分の中』にあります。ご自身の人生を他人にゆだねることがあってはいけませんし、誰にもそんなことはできません。

占い師はおろか神様にだってそんな権限はないはずです。

占いという性質上スピリチュアルな話が無縁というわけではないですが、私は霊能力者ではありません。超能力者でもありません。

では、占い師には何ができるのでしょうか?

それは『ご自身の中にある答え』を探るため、いろいろな角度から意識にアプローチしていくことです。

経験と知識、そして何よりご相談者さまの「心に寄り添って」一緒に考えを巡らせることです。

私の占いは一方的では成り立ちません。

「ここがこうだからこうしなさい」などと短絡的なものではないのです。

複雑に絡み合った人生の謎を一緒になって解きほぐしながら、最善の解決策を探す旅です。

そもそもあるはずの答えを掘り起こす発掘作業ともいえます。

ですから、一般的な占いとは違うと思われるかもしれません。

あなたご自身の悩みを解決するには、あなたご自身の気持ちがなくてははじまりません。

否定的な考えや非協力的な態度の方にはお断りさせていただく場合もあるかもしれません。

ですが、あなた『ご自身の中にある答え』を探すお気持ちさえあったら、いつでもご相談ください。

一緒に答えを探す旅を全力でお手伝いさせていただきます。

2019 吉日

恋するタロット占い師 ひがんばな

ようこそ いらっしゃいました

新着記事
鑑定料金
カテゴリーもくじ
プロフィール
もっと見る
もっと見る